ゴルフの初心者

ゴルフ初心者に捧ぐ!初心者のためのゴルフスクール

ゴルフ初心者に捧ぐ!初心者のためのゴルフスクール

3パットを防ぐキーポイント

 

ゴルフ初心者に捧ぐ!初心者のためのゴルフスクール

 

3パットほどガックリくるものはない。ましてや
そうそうないバーディチャンスをボギーにしてしまった時などはなおさらだ。

 

距離のたっぷりあるロングパットのケースでは、タッチ(距離感)を主体に考えていく方が良い。
傾斜や芝目を読んで狙いを決めたら、カップの周辺に1メートルくらいの「仮のカップ」を想定し、そこにボールを止めるつもりでストロークしていく。

 

いつもよりも高くたち、視点を上にすると距離感がよりつかみやすくなっている。
また、手首の動きが入ると大オーバーや大ショートが起こりやすいので、手首をしっかりと固めておくことも忘れないことだ。

 

1メートル以内のショートパットは、強めにカップめがけて打つ勇気が必要になる。ヘッドアップに注意し、左足にウエートを多くかけ、カップの内側めがけて強めにボールをヒットしていくことだ。

 

3パットは特に初心者には多くなってしまうだろう。
早めに練習を行い、是非初心者脱出をしてもらいたい。

パッティングのストローク法

 

ゴルフ初心者に捧ぐ!初心者のためのゴルフスクール

 

手首、両腕は固め、肩の回転主体にパターを動かしていく
パッティングストロークは、肩の回転主体に行うショルダーパッティングがいい。
アドレスで作り上げた両肩、両肘、手首の五角形を崩さないようにして、肩の回転で腕とクラブを振り子のようにストロークしていくことだ。
手首は絶対に使わないようにする。

 

つまり、前述した五角形の先にクラブがある状態を最初から最後まで崩さないようにすることが重要だ。
ストロークを左右対称にすることも大切。右側にクラブヘッドが動いた分だけ、左側にも動かすようにする
それも早くなったり遅くなったりするのではなく、最初から最後まで同じ速度でパターヘッドを動かすようにするのだ。
インパクトで力を入れたり、力を抜いたりすることの無いように注意する。

 

この振り子の幅によって、距離感をコントロールするといい。
その日からグリーンによってボールの転がり方は違うから、朝の練習は絶対に不可欠だ。

 

初心者にも是非、このパッティングのストローク法は身に付けてほしい。
ゴルフの初心者ならば、おそらくそれだけでもスコアは伸びることだろう。

転がりのいいボールを生むアドレス

 

ゴルフ初心者に捧ぐ!初心者のためのゴルフスクール

 

「転がりのいいボール」を生み出すには、アドレスも重要になってくる。
よく「パッティングにかたなし」と言われるが、守るべきセオリーはいくつかあるのだ。
まず体の構え方。スタンスはオープンにするトッププロも多いが、目と肩のラインだけはスクエアにしておく必要がある
両目のラインと両肩のラインは打ちだしていく方向、つまりパッティングラインに対して並行にしておくことだ。これにより、パッティングラインに沿ってまっすぐに、パターヘッドを低く動かしていけるようになる。
ボールをどこに置くかも大切なポイントだ。両目のラインの真下かやや外側(身体とは反対方向)で、身体の中央から左ワキ前までの間にボールをセットするようにしたい。
両目のラインの下よりも身体近くにボールを置くとストロークが窮屈になるし、中央よりも右足よりに置くとボールがハネやすくなってしまうのだ。

 

初心者の場合はアドレスもスコアに大きく関わってくる。
初めのうちからアドレスをしっかりしておかないと、後々の成長にも関わる。
必ず初心者のうちに、正しいアドレスを身に付けておきたい。

カップインの確率の高い球質

 

ゴルフ初心者に捧ぐ!初心者のためのゴルフスクール

 

同じ方向に、同じ強さで打ってもカップに入るボールもあれば、入らないボールもある。
いわゆる「転がりのいいボール」とは、まずボールの回転がカップに向かって順回転になっている。

 

左右のサイドスピンが少しもかかっていないので直進性が強く、多少の傾斜や芝目にも負けずにまっすぐに転がろうとする。
また、出足から止まるまでのボールの進む速度に大きな差が無く、いつまでもトロトロと転がっていく「伸びのあるボール」もカップインの確率が高いといえる。

 

このような球質のボールをものにするポイントは、まずパターの芯でボールの芯をしっかりとヒットすること。

 

フェース面がスクエアな状態でヒットすることも大切だし、クラブヘッドの動く方向も打ち出していくラインに沿ってスクエアであり、低い位置から低い位置に動くことも必要になってくる。

 

初心者の場合は、特にカップインの確率の高い球質を知ることは重要となる。
スコアを伸ばすためにも、是非初心者には覚えておいてほしい。

 

ゴルフの初心者は、クラブやボールの選定に関してもしっかりと学んでおきましょう!
また、実際に練習場で練習を行うことも重要です。
例えば、ゴルフの教科書を読むだけで「できた気になる」というのが一番いけません。
インプットとアウトプットは必ず一セットで行いましょう!

 

また、ゴルフクラブに関してもしっかり選定を行いましょう。
最近であれば「高反発ゴルフクラブ!」なんてものも出ていますね。
実際、実は私も購入しようか迷っていたのですが…。

 

初心者には、そういった高反発ゴルフクラブはおすすめできません。
というのも、物の力に頼ってよく飛んだとしても、それは自分自身の力ではありません。
自分の力をしっかり把握し、適切な練習を行うことこそが、ゴルフの初心者が行うべき練習となります。

 

ゴルフの初心者は、ゴルフレッスンを受けてみる、というのも一つの手です。
最近であれば、ゴルフスクールもたくさんあるため、お近くに一つあるのではないでしょうか。
最初は緊張するかもしれません。しかし、一回行ってみると、次からは何も緊張することなく行けることでしょう。
そういったところで、ゴルフの基本やマナーを教わっておきましょう。
また、アドレスに関してもおろそかにしないように。
アドレスをしっかりすることで、ゴルフ初心者の場合は一気に上達します。
飛距離も格段に上がるでしょう。

 

ゴルフスクールで基本について学んだあとは、ラウンドデビューです!
ゴルフは練習だけでは楽しくありませんよね。
スポーツなのですから、実践することが上達にも繋がりますし、楽しく続ける秘訣です。

 

また、ゴルフの際の服装に関しても事前に調べておきましょう。
何でもいい、というわけではありません。
もちろん「これじゃなきゃだめ!」というものもありませんが…最低限の常識、マナーはあるものです。

 

まずは、初心者はスコアなんて気にせず。スライスなども気にせず。
とにかく気ままに打ってみましょう。
最初からうまくいく、なんてことはありません。
ただし、練習の際に押さえておくべきポイントはありますので、そのポイントを押さえながらコースを回るようにしましょう。
ドライバーやグリップなどもしっかりと。

 

練習法に関しては、ゴルフスクールでしっかりと教わっておきましょう。
正しい練習法かそうでないかによって、ゴルフ初心者の上達スピードは大幅に変わってくるでしょう。
実際に、基本的なことができていない初心者ゴルファーは、いつまでたっても成長しません。
よく飛んだ!と思っても、それが毎回でなければいけないのです。

 

また、ゴルフスクールがどうしても緊張してしまう、というゴルフ初心者は、まずは体験をしてみましょう。
おそらく、どのゴルフスクールも体験はあるのではないかと思います。
実際に入る前に、無料または数千円で一回レッスンを受けることができる、というものですね。
無かった場合は仕方ありませんが、そのスクールの雰囲気を知るためにも、とりあえず体験してみるのも一つの手です。

 

また、ゴルフの初心者はショートコースを回りましょう。
いきなり長いコースを回ってしまうと、途中で滅入ってしまいます。
毎回まっすぐ飛ぶとは限りませんからね。気持ちが折れてしまいます。
また、アプローチに関してもしっかりと。

 

ゴルフの初心者は、練習の際にも目的をしっかりと持ちましょう。
「今日はこれをずっとやるぞ!」「これをしっかりと体に覚え込ませてやる!」
そういった目的があるのとないのとでは、上達スピードに大きな違いが出てくるでしょう。
基本動作にも注意しながら、しっかりと練習を行いましょう。

 

また、パターはゴルフの初心者にとって一つの難関かもしれません。
入りそうで入らない。ちょっと辛いものです。
練習もなかなかできませんからね。
道具をちょっと友人からでも貸してもらって、練習してみておくのも一つの手かもしれません。

 

ゴルフの初心者の場合、コースを回っているときに知らない単語に出会うことも多いと思います。
そのたびに、一緒に回っている人やキャディに聞くのもいいのですが、するとお互い疲れてしまいます。
先に、ゴルフの用語集などを購入してマスターしておくことも必要かもしれません。

 

最近であれば、ライザップゴルフやサンクチュアリゴルフなどのゴルフスクールが有名でしょうか。
そういったゴルフスクールがお近くにあるのであれば、そちらを利用してみるのも一つの手だと思います。
中には初心者向けのスクールもありますので、是非探してみてください。
池ポチャなどを防止するためのショット練習なども、そういったゴルフスクールでおきましょう。
また、気になることは必ず質問するように。
決して恥ずかしいことではありません。ゴルフスクールであれば、なんでもしっかりと解説してくれることでしょう。

 

ゴルフスクールに関しては、平日だけ空いているところと土日に空いているところもあります。
自分の仕事の具合を見て、そういったところも注意しておきましょう。
また、身体的に疲れてしまわないように、仕事直後、というのはあまりおすすめしません。
できれば、体や精神が元気なときに、ゴルフスクールに通いたいものです。

 

ゴルフの初心者の場合、準備運動をあまり行わない傾向にある、とお聞きしました。
準備運動は怪我の対策として非常に有効です。
また、ゴルフは全身の筋肉を使いますので、すぐに筋肉痛になってしまいます。
準備運動はそういった筋肉痛を和らげ、あまり起きないようにする効果も期待できますので、必ず行いましょう。
そういった細かな準備が、ゴルフ初心者の上達を早めることになるのです。
確かに、理想的な、効率的なゴルフの上達法はあるかもしれません。
しかし、重要なのは基礎の積み重ねです。
そういったことを意識しながら練習を行いましょう。

 

 

 

ホーム RSS購読